【必見】誰でもできる家電の電気代2ステップ計算法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家電の電気代を計算する女性

「うちのエアコンの電気代、どれくらいかかってるんだろう?」と気になったことはありませんか?でも、毎月届く「電気使用量のお知らせ」には、トータルでかかった電気代は記載されていますが、家電ごとの電気代は載っていません。

そこで、今回は誰にでもできる「我が家の家電の電気代計算法」をご紹介します。

スポンサーリンク

1. 電気代計算のために必要な情報

情報としては、次の2つの情報が必要になります。

家電の消費電力(例:87W)
1kWhあたりの料金(例:29.93円)

① 「家電の消費電力」を知る方法

IMG_6198

家電の裏側や、側面、下側に書いてあることが多いです。例えば、ご使用のテレビの消費電力を知りたい場合、テレビの側面や裏側を見てください。シールが貼ってあり、消費電力が記載されている場合があります。

例:定格消費電力 87W(写真参照)

もし、型番しかわからない場合は、ネットで調べるのも簡単です。該当の家電のメーカーと型番を入力して検索すれば、消費電力を調べることができます。それでもわからなければ、メーカーに電話して、直接聞いてみてください。

 

② 「1kWhあたりの料金」を知る方法

日本の電力会社ごとの、一番一般的なプラン(注)の、1kWhあたりの料金を下の表にしましたので、参考にしてください。

( 注)ご家庭で最も多く契約されているプランである、従量電灯AもしくはBプランで、電力使用量が121kWh~300kWh間(第2段階料金)の場合の1kWhあたりの料金になります。

日本の電力会社の1kWhあたりの料金
(一番一般的なプランの場合で税込み価格、2015年6月9日現在)

下の表は標準的なプランの料金のため、詳細に見たい場合、文末の参考をご確認ください。各電力会社のホームページで、チェックすることができます。

電力会社名 選択プラン 120kWh~300kWhまでの料金
北海道電力 従量電灯B 29.72円
東北電力 従量電灯B 24.87円
東京電力 従量電灯B 25.91円
中部電力 従量電灯B 25.08円
北陸電力 従量電灯B 21.29円
関西電力 従量電灯B 28.35円
中国電力 従量電灯A 26.90円
四国電力 従量電灯A 26.50円
九州電力 従量電灯B 22.63円
沖縄電力 従量電灯 27.93円

2. 実際に電気代を計算してみる!

まず、自分で計算しなくても、自動で電気代を計算してくれるサイトもあるので、使ってみてください。ご自分で計算されたい方は電気代の計算公式は下記の通りです。

公式: 「①家電の消費電力(kWh)」×「②1kWhあたりの料金」×使用時間×使用日数=電気代

早速、1ヵ月の電気代を、上で得た情報をもとに、公式に当てはめて計算してみましょう。

例1 : 1日5時間テレビを見たときの月間の電気代
「①0.087kWh」×「②29.93円」× 5時間 × 30日=390.6円

上記の例ですと、一か月のテレビの電気代は約391円となります!慣れてしまえば、とても簡単に計算できます。

 

まとめ

  • 電気代を求めるための公式は「①消費電力(kWh)」×「1kWhあたりの料金」×使用時間×使用日数
  • 簡単に計算したい場合は、電気代の計算サイトもある

 

参考:1kWhの電気料金の確認方法

毎月届く「電気ご使用量のお知らせ」を手元にご用意ください。その中の「プラン」と「電力量料金」を確認していきます。

(1) プラン

IMG_6206

まず、「ご契約種別」を確認しましょう。例えば、右の例ですと「従量電灯B」と書いてあります(写真参照)(特にプランを変更していない場合、だいたいこのプランが適用されています)

 

 

 

 

(2) 電力量料金

IMG_6211

次に、電力量料金を確認します。「電気ご使用量のお知らせ」をみると、左中央あたりに「上記料金内訳」という欄があります。ここを見て、「電力量料金」が第何段階まで適用されているかチェックします(写真参照)今回の場合は、「第3段階」まで適用されているのが分かります。

 

 

 

 

(3) 最後にホームページで確認する

IMG_6214

最後に、先ほど調べた、適用されている、(1)プランと(2)電力量料金をもとに、電力会社のホームページで1kWhあたりの料金をチェックします。

今回の場合は、「東京電力」の「従量電灯B」の「第2段階」の欄を参照します。すると、25円91銭ということが判明しました。(写真参照)

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加